まるで茄子漬けのように。〜講師演奏〜

母が茄子漬けにハマっています。

おかげで毎日毎食、茄子を食べています。

 

この容器の、上の丸い部分を回すことで上から重さが加わり、茄子が漬かります。

昨日自分でもやってみて、

これは本番前の自分に似ているな、と思いました。

 

本番というのは予想外に何が起こるかわからないものです。

そういうときのために、あらゆる負荷、プレッシャーを自身で事前に十分に与えておくことが大切だな、と日々身にしみて感じます。

そうすることで一定のレベルの演奏は担保できるような気がしています。

 

ただ、このプレッシャーのさじ加減がなかなか難しいです。

そしてとても辛いです。笑

 

おいしい茄子漬け(演奏)のためには、仕方のないことだと思いますが。

 

なんだか茄子がかわいそうになってしまい、あまり負荷をかけられなかったので上手に漬かるかわかりません。

 

 

今日は音楽教室の発表会で講師演奏をしました。

自作の披露ということもあり、普段感想を聴けないような人からも声をかけて頂けてよかったです。