第85回Nコン新潟県大会

8月9日は上教大附属中の合唱伴奏で、りゅーとぴあに行ってきました。

(くしゃくしゃ・・・。)

 

 

結果は銅賞を頂きました。

全員が金・銀・銅に入賞するのではなく、大多数の団体が「奨励賞」を頂くコンクールです。

その中で特設合唱部である附属中が銅賞を頂けるのは、ありがたい結果ではないでしょうか。

生徒たちも嬉しそうで、帰りのバス内でもひたすら大合唱でした。

 

 

本番前に緊張で目に涙をためていた女の子がいました。

その子が移動中に「(顧問の)先生、くつの底が取れました」とやってきて・・・

見ると、片方の靴底がぱっかり取れて、外れた底を手に持ってみせてくれました。

 

 

左右の底の高さが違うため歩きにくいということで、本番では正常な方の靴底もはがして、両足ともスリッパみたいな状態で舞台にのぞんでいました。

何とも思いきりのよい決断でした。

 

その靴はがれ事件のおかげで、周りの生徒の緊張はほぐれたのではないかと思います。

すばらしい!

 

ちなみに私は「先生」でも「布施さん」でもなく、中学生から「みほちゃん」と呼ばれています・・・。