布施 美穂/Miho Fuse 

 

新潟県上越市出身。

尚美学園大学ピアノコースに特待生及び首席で入学、同成績で卒業。4年間授業料全額免除となる。

上越教育大学大学院芸術系音楽コース(作曲)修了。

(修了作品:吹奏楽のための《麦ふみクーツェ》)

12回調律師協会新人演奏会、コピスの風コンサートvol.5本公演等に出演。

NAGANO国際音楽祭、朝来国際音楽祭等のピアノマスタークラスにて研鑽を積み、いずれも選抜者演奏会に出演。

 

ピアノ独奏のほか、器楽、声楽との共演も多い。これまでにフルート奏者・西田紀子氏(シエナ・ウインドオーケストラ)、テューバ奏者・長谷川正規氏(上越教育大准教授)、バリトン歌手・上野正人氏(上越教育大教授)等のコンサート、リサイタル伴奏をつとめる。

また20179月には、ソリストとしてアルスノバ・ウィンドオーケストラとラフマニノフのピアノ協奏曲第2を共演した。

ピアノを佐藤良子、河内純、Henri Sigfridsson、作曲を後藤丹、ジャズピアノを守屋純子の各氏に師事。

上越教育大学大学院「指揮法研究」ピアニスト。(講師)

合唱団「雪ん子」、合唱団「さくら草」ピアニスト。

演奏、創作活動のほか、自宅レッスンも行っている。